FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

多喜七星 説明文

多喜七星 説明文
≪左面≫
多喜七星 Taki Nanase
≪夕さり≫
過去作品である≪残光≫では、公園の遊具の
影をモチーフにその場に流れる空気や時間の気配を表現しました。
今回のリメイクという機会を経て、もう一度公園に足を運んでみると過去に制作した際に風景から感じ得たものとはまた違った、温度のある優しい印象を受けたので、赤系統の岩絵具でまとめました。前作で影は黒群青などの岩絵の具でくっきりと描いてましたが、今作で求めたのは風景に馴染む、色彩を含んだ影です。そして影だけでなく、光の美しさにも改めて魅力を感じ、地面に落ちる柔らかい光の形や、木の葉に切り取られた光、光と共に影が在ることを実感しました。そのために今作では視点がより一層、影と光に向くような構図、見せ方を試みました。以前の「影を描く」という意識から「光を描く」意識のもと、制作した作品です。
≪漂いて≫
柳の葉が風になびく姿です。宙に浮くような軽やかさを豊かな緑の色面と共に表現しました。私の制作における表現は、ものを見せるというよりも、そのものの「実感」と「情感」を追い求めた心象風景を試みています。その中で、画面の中の柳は、柳としての実景の姿ではなく、吹く風の心地よさや葉音、纏っている空気の粒子を描きだすものとして存在します。柳の葉は裏表で色に違いがあり、風になびいて色がひらひらと変わるように見えます。これら、ひとつひとつの葉が持つ緑色は柳という輪郭線を超えて空気に滲み出てゆく、絵画であるからこそ見せれる姿を見せたいと願い、制作しました。
≪右面≫
残光
2016年
紙本、岩絵具、銀箔
727× 910㎜
  1. 2018/01/31(水) 22:34:57|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田中翔子 作品

田中翔子 作品
田中翔子さんには2点の作品を出品いただきました。風景画ということですが、心象風景ととらえられるでしょう。心象風景というのは、その画家の心の風景であり、顕在意識が、氷山の一角ほどに上昇してきた潜在意識を俄かにとらえたvisionであり、少なくとも目を閉じて見えるvisionであって実景とは異なります。この潜在意識は、その人物の趣味嗜好、日々の生活態度、感情の起伏、家族の価値観など意識されることなく蓄積していると同時に意識されることなくその人物の行動を影で支配しているものといえます。この田中さんの心象風景は、非常に穏やかで温かみがあり、透明感と鮮やかな色彩の世界です。おそらくその対極たる恐怖や貪り、怒り、愚痴とは別世界の領域といえます。もし今後人類にフロンティアがあるとすれば量子的宇宙か潜在意識でしょう。そして、量子的宇宙と潜在意識が同じものとするならば、就寝中に夢を見るように時に異次元を垣間見ることも可能でしょう。そんなことを感じさせる田中さんの作品です。
  1. 2018/01/31(水) 21:56:03|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田中翔子 説明文

田中翔子 説明文
≪左面≫
田中翔子 Tanaka Shouko
≪彩≫
私たちよりもはるかに長く、この世界を見てきた宙と大地と木々たち。溢れるばかりの色彩を力強く放つその姿は、私たちの「綺麗」という感覚を通じて、生命の栄枯盛衰を教えてくれるような気がする。
2017年に制作した≪木々の声1≫をリメイクした作品。色鮮やかな紅葉や落ち葉、晴れた色の空を表現するにあたり、以前に使用した海外産のチューブ絵具で色を重ねていくと、先に画面に塗っていた色が隠れて見えなくなるという経験から、今作では日本画で伝統的に使用する画材(水干絵具や岩絵具)に全て変更した。今回、主に使用した岩絵具は、鉱石を砕いて作られた粒子状の絵具で、先に画面に塗った色が透けやすいという特徴がある。様々な大きさの粒子(岩絵具)を塗り重ねて粒子の隙間を埋めることで、より複雑な色彩の重なりや、水性絵具らしい柔らかい空気の表現が可能になった。
≪夕彩~冬~≫
澄みきった空気の中、沈みかけた夕日に光に照らされる夕雲。毎日空を眺めていると、雲のかたちも、夕日の光も、毎日変化することを改めて実感する。同じ毎日など無く、毎日が特別なものであるということに気付かせてくれる、美しい夕暮れの色彩。
以前、作品を制作した際に(右項参照)海外産のチューブ絵具を様々な色を重ねすぎた事で色が濁った経験を踏まえ、今回は冬にしか感じられない透き通った空気や淡い夕雲の色彩を表現するために、絵の具を塗り重ねすぎないよう細心の注意を払った。
絵の具を塗り重ねる作業を最小限にした上で、奥行きや立体感を表現するため、滑らかで凸凹がない水干絵具などの水性絵具で
大まかに雲を描いた上から、障子紙にも使用されている美濃紙を貼り込み、下に塗った色が透けて見えるようにした。貼り込んだ美濃紙の上には、柔らかい色彩表現ができる岩絵具を主に使用し、制作した。
≪右面≫
木々の声Ⅰ
2017年
キャンパス、顔料、アキーラ、岩絵具
1700×3000㎜
  1. 2018/01/31(水) 21:00:08|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山佳織 作品

大山佳織作品
大山佳織さんには、今回3点出品いただきました。右の作品がリメイク作品で、真中と左が新作となります。菊花の葉と茎をモチーフにして、補色を意識した抑え気味の色彩で描かれ、薄い綿布を下地にすることにより一層、味わいを増しています。 花を主題にすることなく茎や葉に着眼しているのは、当然、誰しもが花を愛でるであろう当然行為そのものへの自覚的作業からなのでしょうか。 言うまでもなくこれら茎や葉が、立派な花を支えるであろうことに間違いありません。この思想を深読みすれば、菊花が別名で国華と呼ばれることを意識すれば、世の中にスポットを浴びている人たちと同時にそれを支えている名もなき人々への視点を持った作品と考えられます。それと同時に、室町時代に風姿花伝を著した世阿弥が「秘すれば花なり 秘せずば花なるべからず」といったように花をより美しく見せるためにあえて見せないということがより人々を魅了することもあるでしょう。
  1. 2018/01/31(水) 20:18:17|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山佳織 説明文

大山佳織
机に置いてあるファイルの内容をご紹介します。
≪左面≫
大山佳織 Ohyama Kaori
《magnificent 1》
2017年の2月に制作した作品は、花道の思想に興味が出始めた頃で、今後の制作方針がまだ朧気にしか決まっていなかった。前回も今回も共通しているのは、日本画の古典技法 地色を意識しつつ制作していることと、菊の花を描いていないことの2点である。
当時は何となしに決まった構図であり、気に入っていたが、不完全燃焼になってしまったのが気にかかっていた。今回のリメイクは、以前の消えかけの姿からはっきりとした姿になり、菊を通じて花道の思想や園芸品種との繋がりを意識し花を描かない構図をとりました。色彩に関しても、古典技法を踏襲しながらも、独自の色使いをしようと思い、補色を利用した表現を試みた。顔料の種類は同じものを使っていますが、表面に現れる姿は劇的に変化しています。
《skunk cabbage》/《magnificent2》
リメイクの影響を受けた茎と葉の表現をさらに広げたいと考え制作した。補色を利用した作品と重ねて表現した作品の2点になっている。大学院の2年間で培ったコンセプトと共に進化した姿をご高覧下さい。
≪右面≫
sin
2017年
天竺綿、顔料
273×455mm
  1. 2018/01/31(水) 19:31:58|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1期のごあいさつ

第1期 ごあいさつ

第1期グループによりますごあいさつ文が画廊内に掲載されていますのでご紹介します。
<上段>
京都造形芸術大学大学院日本画専攻の院生による展覧会です。

本展覧会では、会期を3期に分けて作家を入れ替え、それぞれが自身の過去作品を現時点の作家自身がリメイクし、それに新作を並べて展示しています。

「糸を手繰るように」

作家が作品を形にするまでの道程のことです。
日本画専攻に所属しながら私たちは、東西の混じり合った東洋の島国で、歴史や文化、あるいは身辺に混在する様々な糸を手繰るように制作をしています。
自分の過去作の中に、現在の作品に至るまでの道の途中で見落としてきたものがあるかもしれません。それを拾い直す機会でもあり、自分が考えてきたことや興味のあったものをどこかで思い出せること、作品が現在の作品になるために自分が得た知識や経験を再確認することも、展示の目的としています。
今回の展示では、作家がそれぞれに「手繰ってきた糸」を資料展示などの形とし、それらを参照することで現在の作品がより奥行きを伴って見られるよう試みております。
3期に分けたグループごとに、それぞれ違う見せ方で展示しています。ぜひご高覧ください。

<下段>
今回、この京都造形芸術大学 大学院 日本画グループ展「糸を手繰るように」最初の展示である第1期では柴田直樹、多喜七星、田中翔子、大山佳織、松浦健太朗の5人が出展しております。
鑑賞者の皆さまから向かって左側に新作を、右側に自身の過去作品を基に制作されたりリメイク作品を各作家ごとに配置してあります。机の上に置かれているファイルにはその基となった過去作品と共に、それぞれの作家コメントが載っておりますので、このファイルと共にそれぞれの作品をご覧いただければと思います。          第1期作家一同
  1. 2018/01/31(水) 19:12:10|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1期スタート

第1期スタート
「糸を手繰るように」の展覧会が昨日からはじまっています。海外の旅行者もよく来廊され、芳名録に名前を頂いています。
海外の人も素直に感動いただいています。
  1. 2018/01/31(水) 18:39:34|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

告知 糸を手繰るように②

糸を手繰るように表
日本画グループ展「糸を手繰(たぐ)るように」のごあいさつ文を掲載します。
京都造形芸術大学大学院日本画専攻の院生による展覧会を開催致します。日本画を専攻し東洋文化を学ぶ私たちにとって西洋文化との繋がり、あるいは差異とも呼べるこの関係性は、古来の作家と同じように大きな価値観を成す要素の一つとなり得ます。そのような時代の揺らめきを私たちは時に古典と呼び、習うのでしょう。本展覧会では、自身の起点となる作品を現時点の作家が再構成し、そこから関係して生まれる17の糸を新たに紡ぎ出します。院生一同
  1. 2018/01/29(月) 11:08:32|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

告知 糸を手繰るように

糸を手繰るように裏
いよいよ明日から京都造形芸術大学大学院日本画専攻の院生の日本画展がはじまります。展覧会タイトルは「糸を手繰(たぐ)るように」です。17名の院生作品を3期に分けて展示します。第1期は、柴田直樹, 大山佳織、多喜七星、田中翔子、松浦健太朗の5名です。2月4日まで
  1. 2018/01/29(月) 11:02:33|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツワブキ

ツワブキ
鵬休堂の店先の石蕗の花が仲良く顔をのぞかせているのがとっても愛らしいので撮影しました。
植木職人から夏に植えたので今年の冬は咲かないといわれていたのでびっくりです。
  1. 2018/01/05(金) 00:42:25|
  2. 四季
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

門松

予告 芽柳会 日本画三人展

DM芽柳会
予告 12月20日から 「~芽柳会~ 日本画三人展」が京都会場としてはじまります。
京都造形芸術大学で日本画家 山田伸先生に指導を受け、日本美術院で活躍している尾花和子、 戸田香織、吉原拓弥による新作展です。それぞれが独自の視点で描いた日本画、掛軸が出品されますのでぜひお越しください。25日まで
  1. 2017/12/12(火) 00:09:12|
  2. 芽柳会 日本画三人展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森公男作陶展はじまりました。

DM2017森公男修正表②-00122
森公男作陶展がはじまりました。民藝の巨匠 河井寛次郎に師事した上田恒次に内弟子として入門した森公男さんは、その民藝のこころと技を受け継ぎ、練り上げや白磁の作品を制作されています。人柄のにじみ出た何とも温厚な作品に出合うことができます。
  1. 2017/12/05(火) 17:30:11|
  2. 展覧会2017年12月森公男作陶展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お抹茶と栗きんとん

栗きんとん
鵬休堂では、お抹茶を親戚の茶農家 長谷川栄製茶場(宇治市木幡)のものを使っています。苦み渋みの少ない飲みやすいお抹茶です。生菓子は、国産の蒸し栗を茶巾で絞りバーナーで炙った自家製の和菓子「栗きんとん」をお出ししております。朝11時から夜8時まで、11月30日までです。税込500円/抹茶と生菓子セット 茶碗/井上路久 菓子皿/森里龍生
  1. 2017/11/21(火) 23:17:44|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4週目スタート

お茶わん12個
最終週がスタートしました。清水寺経堂と鵬休堂で「うつわ男子展」の併催中です。鵬休堂では、Bar酒男子はそのままにうつわ男子のお茶わんと菓子皿でお抹茶と生菓子が召し上がれる趣向もしております。清水寺とあわせてお立ち寄りください。
  1. 2017/11/21(火) 22:53:44|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都新聞に掲載

京都新聞
今日(11月18日)、京都新聞の朝刊に「うつわ男子展」の記事が掲載されました。カラー写真映えてます。 「最高の作品見て」という見出しとその言葉は、かなりハードルを上げてしまった感がありますが、お気軽に見に来てください。
  1. 2017/11/18(土) 18:54:42|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山内駿

山内駿
山内駿さんの作品には、「メタリック」という安易な言葉で済まされない、理解を超えた何かがあります。おそらく〇〇からのインスピレーションのようです。全体展示を見たい方はご来廊ください。驚嘆します。
  1. 2017/11/17(金) 20:59:50|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高木竜太

高木竜太
高木竜太さんの作品は、美しい海の情景をまとったキラキラと輝やく器ばかりです。 そこは・・潮騒・・・潮風・・・ 彼の人柄から生み出されたものです。
  1. 2017/11/17(金) 20:35:39|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹村陽太郎

竹村陽太郎
竹村陽太郎さんの作品は、釉薬ではなく色土を使って色彩表現をしています。微妙なぼかしが京都らしさといえます。見てのとおりジブリ好きです。
  1. 2017/11/17(金) 20:24:38|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

井上路久

井上路久
井上路久さんの棚には、バスケットボールのトロフィーやユニホームなどがあり、彼のスポーツマンとしての誇りと情熱が伝わってきます。また彼の青磁には、ほっこりとした親しみやすさがあります。
  1. 2017/11/17(金) 20:11:46|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新聞社の取材

新聞社の取材
午後から新聞社の取材がありました。井上路久さんと高木竜太さんとの対談?風景です。掲載されましたら詳細をお知らせします
  1. 2017/11/15(水) 18:18:15|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3週目スタートしています。

第3週目スタート
第三週目がスタートしました。 巨大写真パネルを改めました。 左から高木竜太、山内駿、竹村陽太郎、井上路久さんです。
清水寺経堂前で、黒光りのうるしの質感がすごいです。写真撮影は山口晃司さんです。
  1. 2017/11/15(水) 17:50:13|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河井亮輝


河井亮輝さんの作品は、河井寛次郎からはじまる民藝の技とこころを受けついでいます。右上のアート作品のような物体は、窯の温度を計るゼーゲルコーンです。
  1. 2017/11/10(金) 18:17:56|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清水大介


清水(きよみず)大介さんの作品には、オシャレなCafeの雰囲気があります。時代のアートムーブメントの「今」をどんどん形成していってます。
  1. 2017/11/09(木) 19:59:22|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中村譲司

中村譲司
中村譲司さんの作品は、端整で薄作り、軽快な色調・・・そこから真摯な仕事ぶりが伝わってきます。お気づきの方もいらっしゃいますが今週は控えめな展示です。その淡白さも世代の個性なのかもしれません
  1. 2017/11/08(水) 20:22:35|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷口良孝

谷口良孝
谷口良孝さんの作品では、ひときわトルコ釉が鮮やかに映えています。海底の遺跡をイメージした作品も多く作っていらっしゃいます。作家本人だけでなく家族全員が野球を愛しておられるそうです。
  1. 2017/11/08(水) 20:07:09|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2週目スタート

第2週目 巨大パネル
うつわ男子の第2週目がスタートしました。 先週のパネルを改め新しいパネルが登場しました。左から河井亮輝、清水大介、中村譲司、谷口良孝の4人です。臨場感あふれる写真で、まさにそこにいるかのようです。 写真撮影/山口晃司
  1. 2017/11/07(火) 19:48:36|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読売新聞朝刊掲載

読売新聞
今日(11月7日)の読売新聞の朝刊にうつわ男子展の記事が掲載されました。先日取材に来られた新聞記者さんからも連絡があり、コンビニで買った新聞をアップいたします。
  1. 2017/11/07(火) 19:35:46|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新聞社取材

新聞社取材
今日は朝から新聞社の取材がありました。いよいよ撮影時というときにオーストラリアから来られた観光客がご来廊され、思わず取材と撮影依頼をかけると快く引き受けてくださいました。川尻潤さんがオージーイングリッシュに戸惑うことなく流暢に英語で応対されました。英語を流暢に操る50代男子・・・本当にカッコよかったです。 記事になれば詳細をご報告します。
  1. 2017/11/04(土) 22:22:32|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小川宣之の世界


小川宣之の世界  「ファッションと音楽」 これは小川さんそのものです。京焼・清水焼から当然に現代アートに分類されそうですが、その枠すらも納まらないでしょう。なぜなら現代アートを作ろうとして作っていないから。小川さんが溢れ出てきたものです。 
  1. 2017/10/31(火) 22:19:13|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川尻潤の世界


川尻潤の世界 メカ好きです。バイク好きです。GULFのオイル缶あり、圧力測定器ありです。少年時代の情景が目に浮かびます。
  1. 2017/10/31(火) 22:09:47|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猪飼祐一の世界


猪飼祐一の世界。 作家の好きなものを展示する場合と作家が影響を受けたものを展示する場合があります。猪飼さんは後者だそうです。あしたのジョーやデビルマンの本が並んでいます。どう影響受けたのだろうか?
  1. 2017/10/31(火) 21:57:29|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森里龍生の世界


今回のうつわ男子in鵬休堂では、作家に注目し、その「人柄」や「背景」を知りその作家が作る陶芸作品もあわせてご覧いただくという趣向の展示になっております。森里さんの世界素敵です。シブイです。バットマンのフィギュア レアものですよ。
  1. 2017/10/31(火) 21:48:35|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週版 巨大パネルさらにドン 



巨大パネルがさらにもう一枚ギャラリーに飾られています。今日から11月5日(日曜日)まで作品展示している4人の作家の写真です。撮影は、山口晃司氏で場所は、清水寺にある北総門です。パネル前の酒のギャラリーが気になりますが、作家の私物です。
期間中、日本酒と酒器の形の違いによる風味比べを体験できます。ぜひお越しください。  
  1. 2017/10/31(火) 21:37:55|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大写真パネル登場



うつわ男子12人が写った巨大パネル(横幅2m)がギャラリーに登場。 撮影は、山口晃司氏(スタジオフリープラネット)で、場所は、音羽山清水寺の経堂前です。左に見えるのは三重塔です。 うつわ男子の勇姿 12人のサムライです。 写真のクオリティー高すぎです。
  1. 2017/10/31(火) 21:07:53|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幟のぼり

のぼり

真っ赤な「わん碗ONE」のぼりをのれん代わりにギャラリー入口に垂れてみました。
アメリカのナショナルギャラリー風?
  1. 2017/10/31(火) 20:53:12|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつわ男子スタート

晴天
晴天 うつわ男子はじまりました。
  1. 2017/10/31(火) 20:46:59|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつわ男子パンフ内側


うつわ男子パンフ内側
  1. 2017/10/15(日) 23:12:37|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつわ男子パンフ外側


うつわ男子パンフ外側
  1. 2017/10/15(日) 23:09:47|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつわ男子①


うつわ男子①
  1. 2017/10/15(日) 22:47:20|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつわ男子

「うつわ男子」
10月31日→11月30日  月曜休み(27日営業) 
営業時間11時→18時 (21日→30日 20時まで)
うつわ男子は、ものをつくる歓びを共有し自由な造形を志す京焼、清水焼の陶芸家集団であります。
様々な要因で日々変化していく現代社会の中で、今一度、世間に「うつわ」の魅力を様々なアプローチ
から伝え、惹きつける必要があるのではないかと考えております。
時代に即し、新たな観点から「不易流行」を念頭に制作活動と広報活動を目的としながらも
京都の文化発展に少しでも貢献したいという思いで、今回の展示を企画いたしました。
うつわ男子一同

出品作家 

1週目 10月31日(火)→11月5日(日) 11時→18時
      猪飼祐一、 小川宣之、 川尻潤、 森里龍生

2週目 11月7日(火)→11月12日(日) 11時→18時
      河井亮輝、 清水大介、 谷口良孝、 中村譲司

3週目 11月14日(火)→11月19日(日) 11時→18時
     井上路久、 高木竜太、 竹村陽太郎、 山内駿

4週目 11月21日(火)→11月30日(木) 11時→20時
    出品者全員
  1. 2017/10/15(日) 21:03:13|
  2. 展覧会2017年11月うつわ男子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ