FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

木野工人会展 ごあいさつ

DM木野工人会内
第5回 「木野工人会展」によせて     木野工人会 代表 森公男
2007年に結成された木野工人会の「工人会展」も、5回目の開催を迎えることとなりました。当初不安げに動き出した船が確かな航路を進みつつあることを、工人一同嬉しく感じております。もとより、京都民藝協会所属ということにより、その原点は民藝思想にあることはゆるぎないものでありますが、そんな中で我々作り手は、その立場に応じた考えを示さなければなりません。つまり「用の美」を普及させる啓蒙と、そこから発展させた独自の作品を作ることです。本来この2つのテーゼは対立、矛盾するものとして考えられてきましたが、我々は日々の仕事の中でそれを乗り越えようと汗を流しています。意識を毎日のひたむきな仕事が、無意識のスピリットを導き出し「作ることより生まれる」ことを実感することができるのです。今回の会で、そのことを少しでも感じていただくことができましたら、望外の喜びであります。最後になりましたが、我々の考えに深い理解と心強いご協力をいただき鵬休堂様には、心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/22(水) 14:19:57|
  2. 展覧会2019年5月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木野工人会はじまる | ホーム | 予告 木野工人会展 はじまる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomen9.blog.fc2.com/tb.php/77-bd7ac498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)