FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

丹羽優太

丹羽優太
鯢遊戯図」は2014年に描いた「ゆらめく」という作品のリメイク作品である。この作品は私が初めて大山椒魚を描いた作品であり、今になってみれば転機となった作品と呼べるかもしれない。今回の作品は2匹の大山椒魚に人々が思い思いに関わっている様子を描いた。イメージの源泉は“鯰絵”。鯰絵は江戸時代、大きな地震はあったのちに描かれた、当時の地震に関連する出来事をユーモラスに風刺した作品である。 地震という自然災害を鯰という生き物に置き換えることで、人々は恐怖を紛らわしていたのかもしれない。私はこの鯰絵を今後の1つのテーマにしたいと考えている。今回はその一歩となる作品である。
巨大な山椒魚とそれを取り巻く人間。人々は何を思っているのだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/17(土) 01:15:13|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長尾鴻平 | ホーム | 谷本有沙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomen9.blog.fc2.com/tb.php/60-b679552e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。