FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鈴木彩乃

鈴木彩乃
鈴木彩乃
画像左⑧≪おぼろげ≫
今回リメイクした作品は、卒業制作で発表した作品で一部分をトリミングし、モチーフを変えて制作した。この作品を選んだ理由は、大学院で花を描くきっかけとなった作品であったこと、また、現在私が制作する上で写生を大事にしているため、モチーフをペチュニアから今回は時期である椿に変更した。作品の表現方法について、卒業制作の際は、下地で水干絵具を主に使用したのだが、下地の強さに対し花の描き込みに悩み、結果として岩絵の具の着彩がうまくいかなかったため、今回は岩絵具を使って制作し、自分の表現を広げようと模索した。また、どちらも共通して、鈴木其一の「朝顔図屏風」を参考に構図を考え制作した。
画像右⑨≪ぼんぼり≫
この作品は、「おぼろげ」とモチーフの色や支持体、使用する画材を変え描き比べをすることで、表現の違いが比較できるよう制作した。また、学部時代に模写のクラスで、絹本作品の古典絵画の模写制作をした経験から、それを自分の制作に落とし込もうといった試みも含まれている。この作品を制作する上で、参考にした画家は速水御舟である。私は花をモチーフとして制作をしているが、彼の花の作品は表現方法が幅広く、今回は自分の中に取り入れたい要素を抽出して表現するよう心がけた。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/08(木) 22:17:15|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒崎瑞枝 | ホーム | 段超>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomen9.blog.fc2.com/tb.php/52-81cb1639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。