FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柴田直樹 作品

柴田直樹 作品
柴田直樹くんには、3点の作品を出品いただきました。右が過去作のリメイクで、真中と左が新作になります。彼は、火星表面や砂場の陰影であったり、今回のように海面の波模様などをモチーフにすることが多いそうです。彼の作品は、ゲシュタルト心理学に符合したところから出発しています。例えば、草間彌生の絵画の中で単なるドットの集まりを「カボチャ」と認識することや、パラパラ漫画を素早く繰ることによって動いているかのように見えたり、音の集まりをメロディーと認識することは、ゲシュタルト(全体性を持ったまとまり)心理学の領域となります。つまり彼の作品において鑑賞者の認知作用を意識しつつ、実体があるのかないのかという「ルビンの壷」のように認知心理学をはじめ現象学の領域へと続いていきます。さらに仏教的な解釈では、般若心経の色即是空、空即是色ということになるのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/05(月) 00:04:43|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二期 スタート | ホーム | 柴田直樹 説明文>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomen9.blog.fc2.com/tb.php/47-c352eaa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。