FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多喜七星 作品

<strong><span style=
多喜七星さんには、2点の作品を出展いただきました。右がリメイク作品で、左が新作になります。日本画をよく勉強されているのがよくわる作品です。岩絵具の使い方が本当に見事で、この若年でここまで岩絵具を使いこなせるのかと感嘆させられます。岩絵具の塗る順番や粒子の大きさ、膠の質や濃度などいくつもの失敗と研究を重ねられた結晶といえます。この技量が備われば様々なモチーフに挑んでも作品の出来にブレなく仕上げることができるものと思います。 憧憬もまた記憶のかけらとしての心象風景であり、心の故郷となり、懐かしさと共に現在を肯定的にとらえる時間軸に自分を置くことができます。また、実景を前にして写生を繰り返し、そのスケッチを基にいざ本画制作となると作意が主導することになります。この作意というのは、作家のメッセージであり、言いたい、表現したい核心部分となります。すると実景のスケッチは従う立場となり、作者の意図を表現するための道具立て、仮託の役割しかなくなります。古来の絵画論からある写実と写意の問題となります。さらによく勉強していくと釈迦の「中庸」の考えのように至るのかもしれません。琴の弦は張りつめても、たるんでもよい音を響かせることはできません。奇をてらわず凡事徹底の大切さを多喜さんの作品から伝わってきます。
スポンサーサイト
  1. 2018/01/31(水) 23:27:19|
  2. 展覧会2018年1月糸を手繰るように
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松浦健太朗 | ホーム | 多喜七星 説明文>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomen9.blog.fc2.com/tb.php/43-75651011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。