FC2ブログ

アートギャラリー鵬休堂

京都東山にある画廊の展覧会情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森里龍生

森里龍生
森里龍生の作品は、古典柄を釉薬の凹凸によって浮かび上がらせる独自の技法がみられます。今回は桃釉と名づけられたガーリーな作品が登場しました。必見です。父の森里忠男の作品は、当時としては斬新な造形と絵付けでこれもまた必見です。

森里 龍生
1963年 12月 森里忠男(走泥社同人)の長男として生まれる
1984年 3月 京都府立陶工高等訓練校 成形科修了
1985年 3月 同校 専攻科修了
1985年 4月 日展会員 故 加藤巌先生に師事 染付磁器を習得
1993年 龍紘窯を命名 以降個展、グループ展を中心に活動
1996年 2月 fivework展に参加
1996年 凛季の陶[二人展] アートサロン小川
1998年 4月 華陶展[華道小松流]
Monologes dialoges 四代目伊助
1999年 6月 閃季の陶[個展] アートサロン小川
2001年 5月 薫季の陶[個展] 四代目伊助
2001年 11月 香老舗 松栄堂による「香りを楽しむ器展」に参加 杉本家住宅
2003年 8月 土と石[+][-]森里龍生展「個展」京都高島屋美術部 美術工芸サロン
2004年 8月 森里龍生作陶展 ギャラリー杉・秋田
2006年 2月 用の美[呉須と毛彫]森里龍生展[個展]
2007年 4月 花器と器展[個展]大丸神戸店
2008年 6月 雫季の陶[個展]森里龍生作陶展 京都高島屋美術部 美術工芸サロン
2010年 4月 染付 森里龍生作陶展 ぎゃらりいおくむら・東京
2011年 2月 節季の陶森里龍生展[個展] 京都高島屋美術部 美術工芸サロン
2012年 11月 八人展[アナタの中のワタシ]グループ展
2013年 5月 森里龍生作陶展 東京高島屋美術工芸サロン
2013年 9月 Kyoto style 四人展 アートサロン山木
スポンサーサイト
  1. 2018/11/02(金) 11:51:05|
  2. 2018五条で育まれる次代展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清水宏章

清水宏章
清水宏章は、今年9月に初個展を終えたばかりの新人です。しかし、その試みは、有機的なものを表現したいという思いを見事に具現化された作品で、これからが楽しみです。

清水 宏章 陶歴
昭和61年3月 八代目清水六兵衞の長男として生まれる。
平成21年3月 大阪大学人間科学部人間科学科 卒業
平成26年4月 京都府立陶工専門校 入学
平成27年4月 京都市立産業技術研究所 入学
平成27年11月 わん・碗・ONE展~次世代を担う若者の作品展~2015 入賞
平成28年3月 六兵衛窯入社
平成30年9月 ギャラリーH2Oにて初個展
  1. 2018/11/02(金) 11:41:34|
  2. 2018五条で育まれる次代展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

井上路久

井上路久
井上路久の青白磁は、3代にわたる井上家のたまものであるのがよくわかります。祖父の井上治男そして父である井上佳久の端整な美しさには清らかさがただよっています。今回は3代の作品を同時に拝見できます。

井上路久  陶歴
1985年 陶芸家,祖父,井上治男・父,井上佳久の長男として京都に生まれる
2010年 京都精華大学 芸術学部 造形学科 日本画 卒
2011年 京都府立陶工高等技術専門学校 成形科 終了
2012年 京都市産業技術研究所にて学ぶ
2013年 朝日堂 朝日陶庵「ギャラリーくら」 にて個展
2014年 京展 入選
創工会企画 若手選抜四人展 開催 (京都文化博物館)
京都花鳥館賞 最優秀受賞
2015年 宝塚市展 鉄斎美術館賞 受賞
創工会会員となる
日工会展入選(同’16  ’17  ’18)
個展(高島屋京都店)(同’18)
京都工芸美術作家協会会員となる
2016年 IFA国際美術展大阪府知事賞受賞
陶芸四人展(京都ホテルオークラ)(以後毎年
2017年 個展(天満屋岡山店)
「三代で紡ぐ京焼の形」親子三代展(京都陶磁器会館)
日展初入選
音羽山 清水寺 経堂にて展覧会開催
台湾 新興三越にて展覧会開催
2018年 祇園辻利70周年記念品を制作
  1. 2018/11/02(金) 11:35:36|
  2. 2018五条で育まれる次代展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。